木下 史雄 Fumio Kinoshita

【タイトル】花さかじいさん

_

_

_

_

【作品解説】

 2020年4月7日緊急事態宣言発令。新型コロナウィルスの感染防止のため、外出自粛要請生活 になる。大学は休講となり、不本意ながら自由な時間を得た。不本意な自由時間で、2018年2月 7日から自宅近くの祖父が亡くなって誰も住んでいない祖父の家の庭の手入れをすることにした。 2年間手入れしていなく伸びた木の剪定や草むしりをして、昼食は花を眺めながら。気持ち良 い風や花の香り、鳥のさえずりと最高な庭だ。

 祖父はいつも海外旅行に行っており、世界を探検し続けた祖父に敬意を表し、花々との豊かな 時間を過ごせたことに『花さかじさん』に感謝したい。

 その後2020年5月14日に緊急事態宣言は解除され7月16日の講義最終日に至る。祖父がJR雁ノ 巣駅前に植えていた桜は緑になり、外出自粛生活ののんびりとした時間とは逆の早送りのような 時間の感覚になる。九州では豪雨災害があり、新型コロナウィルスは第二波の到来と言われ始め た。皆さんのおかげで良いこともあるので前向きに生きていきたい。

____________________________________

木下 史雄

九州産業大学芸術学部写真・映像メディア学科3年

←もどる